コラム

「CAREERICA(キャリアリカ)」の事業説明会へ行ってきた!

 

と言うわけで昨日に引き続き、本日2019年11月30日(土)は「CAREERICA(キャリアリカ)」の説明会に参加してきました。

結論から先に。

・キャリアコンサルタント業界に激震キタコレ!

・登録する/しないは別 まずは見てみそ?

 

※ご注意:
筆者はCAREERICA事業とは一切関わりがありません。当エントリー(ブログ)に記述されている内容は、説明会を通じて同事業に触れた1人のキャリアコンサルタント有資格者としての個人的な意見です。その旨あらかじめご了承ください。

 

キャリアコンサルタント資格取得から半年でポータルサイト作っちゃった

 

♡じゃないだろ♡じゃ(号泣)。

CAREERICA代表の征矢多美子さん(twitter上では「たぬき」さん @careertnk )。

20代の若きアントレプレナー※です。

昨日説明会に参加した「Kakedas(カケダス)」の渋川代表と同じ、20代のアントレプレナーがまたまたキャリアコンサルタント界にどえらい新風を吹き込みやがりました。

※語源のフランス語では女性形は entrepreneuse(アントルプルヌーズ)とか言う話もありますが、本ブログ上ではこのままで(ぺこり)。

 

その征矢代表、なんと

キャリアコンサルタント資格に合格したのは今年の4月

です。

2019年4月2日(火)に合格発表があった第11回キャリアコンサルタント試験に合格されたものと思われます。

 

初ツイートが5月16日(木)

 

その後、キャリアコンサルティングやキャリアコンサルタント資格に関してくぐだぐだと(失敬!)つぶやき続けていたのですが…

 

2週間ほどのち。

あるツイートを引用RTしたことを切っ掛けにスイッチが入り、その30分後

CAREERICAの第一歩となる「ゆる募」ツイートをついに投下(6月5日(水))

このツイートに結構な♡やリプが付き、征矢代表を中心に開発が進められていきました。

 

7月12日(金) 第1回目事業説明会の案内開始

 

7月27日(土) 第1回事業説明会

※イベントレポートなので、ツイートの日付けは開催翌日。

当日は征矢代表+2名のスタッフ、参加者したキャリアコンサルタントは8名(確か)という規模でした。

その後、

いきなりβ版を作成中という報告(8月6日(火))

 

個人事業主登録するぞ!(8月11日(日))

 

開業届受理!(9月6日(金))

 

開発体制が整い年内にβ版を(9月11日(水))

 

「11月仮オープン」を宣言(10月29日(火))

 

11月30日 第2回説明会+事前登録会開催のお知らせ(11月17日(日))

 

サイト名発表!(11月28日(木))

 

説明会は無事終了(11月30日(土))

 

キャリアコンサルティング専門ポータルサイト「キャリアリカ」オープン!(11月30日(土))

 

 

以上の流れをまとめると

2019年
4月2日 キャリアコンサルタント試験合格

5月16日 初ツイート

6月5日 ゆる募ツイート

7月27日 第1回事業説明会実施

11月30日 第2回事業説明会実施

11月30日 サイトオープン

 

その間、わずかに242日。
8ヶ月間です。

年は跨いでいません。同じ年の4月から11月の話です。

お小遣い稼ぎのnoteはじめちゃった♡テヘ とか言う話ではありません。

ポータルサイトです!

※まだ開発途上だけど♡

 

フツーさ

それなりに苦労して資格取った訳だしさ

養成講座の同期と合格祝いで飲んだりとかさ

資格を活かして何か出来ないかなーとかさ

研鑽のためにどこかでキャリアコンサルティングできないかなーとかさ

そんな場が全然ないじゃんとか

キャリコン取って損したとかさ

ぐだぐだ愚痴っているうちに

そんなこんなで半年とかあっという間に過ぎ去るじゃん?

ネット上を眺めてたら

働く場所がないとか

稼げないとか

資格が活かせないとか

そんな文句にも愚痴にもならないような呻き声が蔓延してるじゃん?

 

 

なければ作る

自分で作る

先輩たちがブーブー言ってる間に

半年じゃムリだったけど8ヶ月間で作っちゃったんですけど?

ねーねー先輩? 先輩たちー!

この8ヶ月間、なにしてたんですか?

プーくすくす♡

 

※キャリアリカの征矢代表はとてもエレガントなビジネスパーソンであり、上記のような内容を発言された事実は一切ありません。あくまでも当ブログの筆者による演出上の表現です。ご理解ください。

 

ああでもない、こうでもないと悩んでいたら、半年ぐらいあっという間に過ぎちゃうもんじゃないですかフツー。

つーか半年ぐらい悩めって話ですよ。

ぐだぐだ悩んでクダ巻いて、愚痴って、黒い霧をボーボー吐き出せよって話ですよ。

そうじゃなかったら、

ぐだぐだ悩んでクダ巻いて、愚痴って、黒い霧をボーボー吐き出してきた先輩たちの立場はどーすんのって話ですよ。

準備体操も助走もなしで突っ走り、8ヶ月間で仕事を形にしちゃうなよ、って話ですよ。

 

 

事情を知らないキャリコン村の外の人は同情してくれるかもしれません。

そっか大変だねぇ

無為無策で有名な厚労省管轄の資格だからねぇ

数百億円かけて建てた施設を1万円で払い下ろしちゃった省庁だからねぇ

キャリアコンサルタントは そんなことないと いいよねぇ

 

でも、今後は風向き変わります。変わっちゃいます。

 

仕事? なきゃ自分で作れって話ですよ?

それってフツーの話でしょ?

資格? キャリアコンサルタント?

なんか半年でポータル立ち上げた話とか聞いたことあるけど

それってどこの話だっけ?

 

つまり、

仕事がない,稼げないとぐだぐだ言ってた先輩キャリアコンサルタント

仕事がない,稼げないとぐだぐだ言うであろう後輩キャリアコンサルタント

全員に引導を渡してくれたわけです。

とんでもないことをしてくれたもんです。

試験合格からわずか8ヶ月のド新米キャリアコンサルタントが。

 

 

ねぇねぇ

日本全国のキャリアコンサルタントのみなさーん!

もう、逃げ道 ありませんよー?

 

 

そんな征矢代表も

そんな征矢代表も実は開発の過程でミスを犯したことがありました…。

https://twitter.com/careertnk/status/1164176520086114304

 

「キャリアコンサルタントが食べられるようになる」

一貫してキャリアコンサルタントの仕事を造り出すことにフォーカスしてきた征矢代表が、こともあろうかエンジニアをタダ働きさせようとしているとも受け取れるツイートを発してしまいました。

炎上には至らなかったものの、僕が見ている範囲にもその姿勢を批判するツイートが散見される事態となりました。

その翌日

 

他のツイートから拝見する限り、真面目で慎重な性格と思われる征矢代表のことなので、その短い間に色々とあったんだろうなと勝手に推察しています。

でも、元のツイートも消さずに残しているの、偉いと思いません?

その後に送り直したツイートを見て恐らく2名が新たに開発担当スタッフとして参加し、11月30日に行なわれた第2回の説明会では、会の冒頭に征矢代表以下総勢5名のスタッフから挨拶がありました。

 

製品でもサービスでも

製品でもサービスでもリリースすることは大変なことです。

 

リリースまでこぎ着けることはとても大変なことです。

とてもとても大変なことです。

 

飲み屋のヨタ話レベルで言えば

毎年毎年、数億の会社が設立され

数十億のビジネスが立ち上がり

数兆いや数十兆円の金が生み落とされているハズです。

 

でも、実際にはどれぐらいの会社が新しく生まれ、新しいビジネスが立ち上がっているのでしょう。

構想の段階で

資金繰りの段階で

開発の段階で

どの段階で終わってしまうのかは分かりませんけど、ほとんどのアイデアも企業や団体の設立話も立ち消えてしまいます。

 

思いを形にし、製品としてサービスとして世に出し、そして問う。

たったそれだけのことが出来ない人の方が、実は圧倒的多数なのです。

 

8ヶ月間で思いを形にし、勇気を出して世間に問うた。

それだけでもう充分尊敬に足ると、僕なんかは感じ入ってしまうわけです。

 

CAREERICA(キャリアリカ)

CAREERICA(キャリアリカ)
キャリアに悩む人とキャリアコンサルタントを繋ぐ
「キャリアコンサルティング専門ポータルサイト」
https://careerica.com/

作りはシンプル。

キャリアコンサルタントは登録料も利用料も一切なし。

決まりごとは基本的にひとつだけ。

相談料は一律30分 4,000円 または60分 7,000円

※それ以上の金額を設定することは出来ますが、それ以下はNG。

 

正直な意見として申し上げます。

現在のキャリアリカは、

 

「チョー使える!」

「秒で仲間に薦めたい!広めたい!」

 

というレベルにはまだ達していないと感じます。

先行して存在する他のサイトとの優位性も、充分な差別化も、今のところは感じられません。

ごめんなさい。僕の本音です。

 

でも、みなさんに

このブログを読んでくださっている

恐らくキャリアコンサルタントの有資格者

キャリアコンサルティングに興味をお持ちのみなさん

僕からお願いがあります。

 

一度、CAREERICA公式サイトを訪れてみてください。

そして自分の目で見てみてください。

意見があれば、投げかけてみませんか?

きっと聞きたがってるんじゃないかと思います。

 

「ここのところ、こんな感じになりませんか」

「もっとこういう機能はつけられませんか」

 

システム開発は資金との闘いでもありますので、すぐに出来ることと出来ないことがあるでしょう。

特に、料金トラブルがないように、もしくは無断キャンセル当日ドタキャンされても困らないよう

「サイトに決済機能をつけましょう!」

とか提案しちゃうと、運営者たちの前をお金が流れていく以上はサイトの利用料をかすめ取りたくなっちゃうのが人の常です。

そのあたりに関しては、くれぐれも提案しないように気をつけてください。

 

征矢代表も9月のツイートで

「最初は非常にシンプルな作りになると思います」

と明言されていて、今はまさにその通り。有言実行の状態です。

つまり想定内、と言うことです。

ここまでの話の流れでは登場していませんが、征矢代表の下にはブレーンとなる四銃士がいます。

この4人と共に、今後このポータルサイトをどう育てるかを考え、ひとつひとつ実行に移していくことでしょう。

ベースとなるサイトは出来た。

構想は頭の中にまだまだある。

あとはもう楽しみしかなくね?

 

 

僕たちキャリアコンサルタントの仲間が、資格を取得した勢いが余ってキャリアコンサルタントのためのポータルサイトを立ち上げました。

このような一人ひとりの働きかけが、今後のキャリアコンサルタントの可能性を広げ、キャリアコンサルティングの未来を明るくしていくものと僕は信じます。

 

先ほどはご同輩たちを叩くような,馬鹿にするような表現もさせていただきましたが、一人ひとりのキャリアコンサルタントが出来ることは恐らくとてもちっぽけです。

でもそのちっぽけな動きが集まって、いつか大きなムーブメントになって、

「そんな時代もありましたねぇ」

と笑って話せるようになればいいなと、淡くて儚い本気の夢を見ています。

 

 

最後に、今回の説明会でひとつだけ、僕がどうしても納得いかなかったことを申し上げて、当報告の締めとさせていただきます。

懇親会、サンドイッチも飲み物もなにもないじゃあーりませんか!

第1回目の説明会後の懇親会では、それなりの軽食と飲み物(アルコール含む)が用意されていて、つまり初回の説明会にも参加しているキャリアリカ古参の僕としましては、当然期待して参加していたわけですが、いや、その、えっと、この空腹をどうしてくれるのたぬきさん?と言う気持ちで一杯で、その後の名刺交換に全然力が入らなかったことを正直に告白させていただきます。

毎回毎回、ブログの締めが食べ物の話とか、自分が情けなくて涙が止まりません(号泣)。

 

「Kakedas(カケダス)」の事業説明会へ行ってきた! と言うわけで本日2019年11月29日(金)、「Kakedas(カケダス)」の事業説明会に行ってきました。 そして代表者の...

 

こちらの記事もおすすめ
コラム

【コラム】障害者職業カウンセラーとは

2018年12月25日
cccafe:キャリアコンサルタントとキャリアコンサルティング活動のための学習・研修、転職・求人 情報サイト
本日、「障害者雇用状況の集計結果」が厚生労働省公式サイトに上がり、それに関してサイト上を飛び回りながら調べ物をしていた際に、 「障害者職業カウンセラー」 という単語を目にしまし …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です